トップページ
ダイビングライセンス取得案内
日帰りでツアーに行こう!
ダイビングプール完備
ダイビングショップ紹介
ダイビングプールで体験ダイビング
ダイビングプールでリフレシュ講習
名古屋発ツアースケジュール
行ってきました!海ブログ
Cカード取得おめでとう!
名古屋でダイビングなら
スキューバダイビング専門店

エルダイブ

受付時間 13:00-19:00
定休日 毎週水曜日
〒497-0030
愛知県海部郡蟹江町宝2-592
講習時間 10:00-21:00

info@l-dive.com
ダイビングライセンスの取得方法は沖縄や海外、海沿いのダイビングショップから
ご自宅近くのダイビングショップまで様々です。
Cカードを取得したダイビングショップがこれからスタートするダイビング人生に大きく左右されます。
インストラクターの経験度、海の知識、器材の知識、施設の充実度、年齢層、ツアーの開催数や価格、器材のメンテナンス、送迎車両の快適さなどライセンス取得後のフォローや続けられる環境にあるかが特に大重要。ライセンスを取得してからが始まりです。
当店でライセンス取得講習を受けられる方は必ず
『 ダイビング始めて良かった!』
と言われることを第一に考え、
また取得後も創業25年で培ったダイビングに関する全ての情報を網羅し、
ダイビングの魅力を継続的に楽しんで頂けるよう全力でお手伝いさせて頂きます。
年間200回以上開催される日本全国を網羅したダイビングツアーや、国内、海外、沖縄などのダイビング情報や器材の知識やメンテナンス、さらにダイビングプールも店内に完備。
困ったことやご相談などダイビング総合ステーションとしてご利用ください。
沖縄や海外、他店で取得される方もダイビングが本当楽しい!
ダイビング始めて良かったと思えるような出会いを心から祈ります。
全国約200店舗から5店舗しか選ばれないグッドスクーバセンター賞
2015年度・2016年度・2017年・2018年度4年連続受賞店
スキューバダイビングの醍醐味は浮遊感、無重力、幻想、興奮、冒険、綺麗・・・・・・実際にやっている方しか分からない想像を超えるすばらしいレジャーです。
皆様のダイビングのイメージは
『 水中に潜って息吸ってるだけでしょ? 』
なんて思われる方多いのではないでしょうか?
実は水中を自在に潜れるようになる為には潜水機器の操作、呼吸の仕方、ストレス、危険対処、姿勢や泳ぎ方など多く学ばなければいけません。
得に重要な潜水機器を使って水中を無重力状態で漂い、コントロールすることができる
『 中性浮力 』
という状態を作ることが難しく、
また万が一のトラブル回避も当然覚えなければ大事故になりかねません。
簡単に習得できる方2割程度、大多数の方は
『想像してたより大変で難しい!』
と思われるでしょう。
スキューバの技術習得にはかなりの個人差があると思ってください。
通常人間が呼吸することができない水中なんです。
納得するまで練習して余裕をもってライセンスを取得してくださいね。
当店は店内に自由に練習できるダイビングプールがあるから大丈夫!
安く短期で取得できばいい!
と思っている方。要注意ですよ。
当店Cカード取得の日数は4日〜5日間が基本となります。
2日間で全てを終了できるお店もありますが
とんでもないスパルタか、思いっきり手抜きかどちらかと言っていいでしょう。
沖縄や海外、2日間日程など短期で取得された方も当店にて
ダイビングツアーにご参加頂くことがありますが
皆様全員とは言いませんが残念ながら
『 問題ありません!上手です!』
と言える方はごくわずか。
ほんの数日の講習で全てができるようになるほど海は甘くありません。
Cカード取得コースに参加して初めて分かるダイビングの難しさ。
Cカードを取得して海に行った再に
『 上手だね! 』
と言われるように。
『 何処で取得したの?? 』 
ちゃんと教えてもらったの??
なんて言われ恥ずかしい思いをしないようにしてくださいね。
ダイビングスポットにも初心者ポイントから超上級者ポイントまで様々なスポットがありますが
認定後は何処でも潜れるわけではありません。
安全上インストラクターさんが皆様のダイビングレベルに応じて潜るスポットを選択しているのが現状です。当然上達しなけばいつまでたっても初級レベルの海しか潜れません。
当店では技術の習得にこだわり徹底して少人数制で行い、
また上級者スポットへ行けるよう継続的なスキルアップ講習もご提案しています。
さらに初級ライセンス講習は自主練習も可能なのでダイビングプールを上手く活用してくださいね。
もちろん海までは無料送迎サービス。
新型マイクロバスで快適にご案内致します!

ライセンス取得後のフォローも万全。
せっかく取得したダイビングライセンス。
海に行かなければ全て忘れてしまい次回ダイビングに行きたいときにはブランクダイバーに
また沖縄や海外もそんな簡単に行けるものではありません。
そこでライセンス取得後に手軽に行けるダイビングツアーを多様にご用意!
伊豆半島から房総半島。日本海から三重熊野、和歌山から日本全国各地まで
日帰りを中心とした専用ツアーをなんと年間200回以上開催!
圧倒的数と全国フットワーク軽くいろんな場所へ行くスタイルは何処にも負けない自身有。
日本近海の海も海外や沖縄に負けていないスポット実は無数にあるんです。
また沖縄や海外も個人では絶対にマネできないダイビングを提案。
ボートを貸切しわがまま言いたい放題、ポイント選びたい放題!
スペシャルなダイビングも随時開催しています。

店内に大型ダイビングプールを完備し海が大好きな20歳〜80歳までの幅広い年齢層の方が集まるダイビングショップで、県内はもちろん遠くは愛知県内を中心に豊橋や岡崎、一宮市、稲沢市、名古屋市近隣から県外は三重県、四日市や桑名市、岐阜県など幅広い地域の皆様に選ばれるダイビングスクール。
ライセンス取得講習ではほとんどの方が一人でのご参加で取得されています。
店内にダイビング専用プールを完備しているので講習は全てお客様の都合で進めていくことができ、少人数制で開催されているのでプライベート感覚で受講可能。
また近隣消防署ライセンス取得講習事業所にもなっています。
naui
学科に必要な講習用教材類、プール講習費用、海洋実習費用、
各講習に必要なプール施設利用料や現地施設利用料金、海洋実習費、実習地までの送迎費、
Cカード申請料金他。器材レンタル料金以外全ての料金が含まれています。
器材レンタル料金のみ

お名前

メールアドレス

まずはライセンス取得の事前説明会!ご予約はこちらから

※迷惑メール防止設定になっている方、又アドレスの入力間違いが多くございますので
ご注意ください。必ずご返信させていただいておりますが、ご連絡がない場合
再度メールフォームから入力、又お電話にてご連絡お待ちしております。

行程内訳 コース費用 レンタル費用
申込金 12,000円
学科講習 無料サービス 無料サービス
プール講習1回目 無料サービス + 10,000円
プール講習2回目 無料サービス 無料サービス
海洋実習費1回目 12,000円 + 10,000円
海洋実習費2回目 12,000円 + 10,000円
取得合計費用  36,000円 + 30,000円
総費用 66,000 税別
申込みは随時行っておりますが来店時に混雑している場合などでご迷惑をおかけすることが無いよう事前に来店のご予約をお勧めしています。ご来店時ライセンスに関する疑問、質問等詳しくご説明させていただきますね。ご説明後ライセンス取得内容確認とメディカルチェックを行い、申込金入金後在宅学習用教材セットをお渡しします。
教材セットの中には教本、DVD、ログブック、ダイブテーブルといったダイビングに必要なものが入っています。まずは自宅でDVD鑑賞後、教本をご覧頂き簡単な問題を解いていきましょう。
在宅学習終了後、どうしても分からないこと、疑問などを再度インストラクターと一緒に学びます。
終了後ご予約頂き約3時間程度1回の学科講習を行います。都合の良い日程、会社帰りなどご都合に合わせてご予約頂きます。
基礎技術を自社プールでインストラクターとマスターしていきましょう。トラブル回避や潜水機器の操作や取り扱い、水中でのバランスや呼吸の仕方など2日間に分けて約3時間2回の行程で進めて行きます。
プール講習を終えてまだ不安が残る方はご自由にプールで自主練習も可能です!
いよいよ海です!
プール講習や学科講習で習ったことを実際に海にて総チェック!お客様とご相談しながら海洋実習開催予定日に日帰り2回!2回連続で取る必要はありませんよ。又海洋実習地までは全て当店から無料送迎サービスとなっていますのでご安心下さい。
Cカード取得おめでとう!
当店帰着後申請書記入後Cカード取得講習は終了!晴れてダイバースタートです!いつでも参加できるダイビングツアーでさらに腕を磨いて世界中の海へ!
ダイビングツアースケジュール

お名前

メールアドレス

ライセンス取得の事前説明会のご予約はこちらから

※迷惑メール防止設定になっている方、又アドレスの入力間違いが多くございますので
ご注意ください。必ずご返信させていただいておりますが、ご連絡がない場合
再度メールフォームから入力、又お電話にてご連絡お待ちしております。


スキューバダイビングダイビングスクールダイビングツアーダイビングプールショップ紹介
ツアースケジュールリフレッシュ講習お客様の声Cカード取得おめでとう
ライセンス取得に関するQAツアーに関するQAダイビングプールに関するQAダイビング全般QA器材に関するQA
名古屋ダイビング【エルダイブfacebook】名古屋ダイビング【エルダイブblog】名古屋ダイビング【エルダイブyoutube】